24時間風呂の設置例 No.13228 節約宣言プレミアム

大きくて浴槽の縁に置けなかった以前の24時間風呂。スリムでコンパクトな高性能24時間風呂『節約宣言プレミアム』に入れ替え、浴槽周りもスッキリ。

24時間風呂のお取り付け事例 ジャノメ湯名人から、『節約宣言プレミアム』に入れ替え。

今まで使用していた24時間風呂の取り付け状態

今まで使用していた24時間風呂は、大型の浴槽角置き型のコーナータイプです。コーナータイプのはずが、浴槽中央に蛇口があるため、本体が大型で肝心の浴槽コーナーに置けません。そのため本体裏側の浴槽の壁に壁掛け金具を打ち付け、本体を蛇口に干渉しないよう持ち上げて設置していました。

古い24時間風呂をきれいに取り外す

古い24時間風呂は撤去して、綺麗に洗浄し準備完了。以前の壁掛け金具のネジ穴は防カビのコーキングで埋めて防水処理をします。今まで使用していた24時間風呂は塩分を補充して機械的に塩素を作り出して、浴水に混入させ制菌するシステムでした。そのため浴槽表面が劣化して変色しています。

※「浴槽の黒ずみ、シミ、変色、もらい錆」などの解決には下記の関連記事がとても参考になります!

スリムでコンパクトな省エネ型24時間風呂「節約宣言プレミアム」のお取り付けです。

新しい24時間風呂『節約宣言プレミアム』は浄化力の高い高性能タイプなのに、スリムでコンパクトです。以前の24時間風呂では入らなかった蛇口と浴槽のコーナーにスッキリと置くことができます。蛇口にも干渉しません。
入浴が終わったら画像の手前側に見える補助パネルを置くことで、風呂蓋をピッタリと閉めることができます。

今回の新しい24時間風呂の配線方法は?

今回の24時間風呂入れ替え作業にあたっての配線方法は、浴室内にある旧機の配線の壁穴を利用します。

旧機の壁穴を通して洗面所の床から配線し、コンセントに差し込みます。

新型の節電タイプの高性能24時間風呂『節約宣言プレミアム』が綺麗に取り付けできました。早速お湯を溜めて運転開始です。所要時間は古い24時間風呂の撤去も含めて約2時間半ほど掛かりました。

『節約宣言プレミアム』はろ過能力の高い高性能モデルです。入浴後も素早くお湯を綺麗に浄化・制菌し、入浴人数は6〜7人位まで対応可能です(人数は目安です)。大きめ浴槽も対応可能です。
スリムで超コンパクトな「節約宣言シリーズ」なら、他社の24時間風呂では取り付け不可能な狭い場所でもスッキリ収まります。
省エネタイプの24時間風呂『節約宣言シリーズ』の特徴は、電気代が安いことです。熱効率の優れた直接加熱の500W省電力ポンプと、ポンプの熱を保温に利用する節電構造により、電気代は一般的他社製24時間風呂に比べ、金額にして年間2万円以上、10年使えば20万円以上も節約でき、もう一台買えちゃうほど差がでます。

24時間風呂『節約宣言シリーズ』の、新作設置事例も続々公開!

省エネ・コンパクトな24時間風呂『節約宣言シリーズ』の詳細はこちら